食べ物?ストレス?下痢止めは原因によって正しく選ばないと大変な事に

geri2

湿度が高かくてカビが生えやすかったり食べ物が傷みやすいこの時期は、お腹を下して下痢止めのお世話になる人もいるのではないでしょうか。

痔の薬でもそうですが下痢止めは買うときにどれがいいか聞くのが恥ずかしくて適当に選んでしまいがちです。でも下痢の原因によって正しく選ばないと大変なことになってしまうんです。

 症状で飲む薬が全然違う 

  • 食あたりが原因の下痢は殺菌成分重視
  • ストレス・冷えが原因の下痢は運動を抑える薬

下痢止めの選び方を教えてくれたのは、前回ヒルナンデスで薬の飲みあわせを教えてくれた、マツモトキヨシとスギ薬局の薬剤師さん。

下痢といっても原因は様々で、原因によってどの成分が多く配合された薬を選ぶかが変わってきます。

スポンサーリンク

食あたりによる下痢

geri2

食あたりは細菌が付着した食べ物などを食べる事で起き、体内に一緒に入り込んだ細菌が腸内で悪さをして下痢を引き起こします。

食あたりが原因の下痢は殺菌成分重視の下痢止めが有効になります。

殺菌成分重視の薬としては正露丸などがあります。

ストレス・冷えによる下痢

geri1

ストレスや冷えが原因の場合は、適当に薬を買って殺菌成分が多く配合された下痢止めを選んでしまっても、細菌が原因ではないので飲んでも無駄になってしまいます。

ストレスによって自律神経が乱れると腸の働きもおかしくなっているので、腸の運動を抑制する薬が有効になります。

腸の運動を抑制する薬としてはトメダインなどがあります。

 どうやって原因を見分ければいい? 

現状では簡単に見分ける方法は無く、何かを食べたから起きたのかストレスから起きたのかなど、下痢が起きた状況から推測するしかありません。

 ウィルス性胃腸炎の場合は飲んだらダメ 

ノロウイルスの集団感染が発生したというニュースをたまに耳にします。

ウイルスをやっつける特効薬は原則ありません。

ウィルス性胃腸炎の場合は体の防衛反応でウイルスを外に出そうとして下痢が起きているので、無理に止めようとしないほうがいいです。

このように原因が細菌によるもの、ストレスによるもの、ウイルスによるものなのかの判断が個人では非常に難しいので、どこに原因があったのかを確認しながら、早めに医師や薬剤師に相談することが大切です。

スポンサーリンク


関連記事

2015年7月6日 | カテゴリー:健康

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

CAPTCHA


このページの先頭へ

イメージ画像