緑膿菌が爪に増殖する事が原因のグリーンネイル 対処法は?

tume

若い人だけでなく中高年にまで広がっているネイルアート。
ネイルアートのジェルと自分の爪の隙間に緑膿菌が増えることが原因で爪が緑色になる病気”グリーンネイル”が増加中。

放っておくと独特の臭い、異臭を放つまでに悪化するグリーンネイルの対処法とは。

爪を変色させる緑膿菌は、水周りなど生活環境に存在する代表的な最近の一種。薬に対して抵抗力を持った菌も多く、発症すると治療が困難だとされています。

 原因はジェルネイル 

ジェルネイルとは自分の爪の上に、水あめ状になった合成樹脂を専用のライトで固めてるつくるもの。

デコレーションがしやすく付け爪と違って家事もしやすいのも魅力で、一度付けると2週間から4週間持続し長持ちするのが便利なジェルネイルですが、長持ちするからといってジェルネイルを長期間付けたままにしていると、接着力が弱くなり爪とジェルの間に隙間ができてしまいます。

その隙間に水や化粧品などの油分が浸入し、緑膿菌が繁殖しやすい高温多湿な環境になり爪を緑色に変色させてしまうんです。

いきなり自分の爪が緑色になったらビックリしますよね。中には感染して緑色に変色した部分を焦ってヤスリで削り落とそうとして出血してしまったり、物が掴めないくらい爪が薄くなって病院へ駆け込む人もいるらしいのです。

 予防法と対処法 

  • 割れ、ヒビが無いか毎日チェック
  • 定期的にジェルネイルを休む期間を設ける
  • 隙間ができるからセルフネイルはできるだけしない

治療は皮膚科で行います。
ネイルを外して乾燥させれば治る場合と薬を塗らないと治らない場合があったり、爪と肉の間に菌が入った場合は長期間の治療が必要になるので、皮膚科に見てもらいに行ったほうが安全だと思います。

スポンサーリンク


関連記事

2015年7月1日 | カテゴリー:未分類

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

CAPTCHA


このページの先頭へ

イメージ画像