腸年齢・血管年齢・脳年齢・肺年齢が若い人の健康法、老化している人の悪い生活習慣

駆け込みドクターの健康年齢SPでタレント9人が腸年齢・血管年齢・脳年齢・肺年齢を調べた。健康年齢が若い人の生活習慣と老化している人の悪い生活習慣とは。

腸年齢-3歳・血管年齢-15歳・一路真輝の健康法

  • ストレッチ
  • 緑茶
  • 酒もタバコもやらない

肩こり・冷え性・頭痛・耳鳴りなど多くの不調があり、食事も肉が多いという一路真輝だが、腸年齢、血管年齢、脳年齢も若かった。普段からストレッチなどの運動をしていたことが血管を若く保てていた要因だという。同じくよく運動する片岡安祐美も血管年齢-10歳だった。

腸年齢+24歳片岡安祐美 コロコロ便マルシアの生活習慣・腸老化の原因

コロコロ便しか出ないというマルシアは、十分に水分を摂り食事にも気をつけていたのに腸に3mm弱のポリープが見つかった。マルシアは25℃の室内でもカイロを何枚も張るほどの冷え性。便秘の原因は冷え性によるものとの事だった。

肩甲骨回りの筋肉ほぐし冷え性を根本的に解消する体操

自分に合った乳酸菌を見つける

29歳の片岡安祐美は発酵食品を毎日食べているのに腸年齢は54歳だった。自分に合っていない乳酸菌を摂っていたため腸内環境を整える効果がなかったようで、いろいろな種類の発酵食品の中から同じ種類の発酵食品を2週間から3週間摂ってみて、腸内環境が良くなるものを探してみることを薦められていた。

便秘解消にはオリーブオイルも良い。特に効果的なのはエキストラバージンオイルを生で摂る事。ヨーグルトや納豆などの発酵食品と一緒に摂ると相乗効果が期待できる。

鈴木奈々が健美腸体操で60歳以上の人と同じだった腸内環境を改善&便秘解消

血管年齢+10歳 梅沢富美男(65) +15歳 宮元隆司(65)の生活習慣・血管老化の原因

原因はタバコやお酒の飲みすぎ

血管年齢+10歳の梅沢富美男は悪玉コレステロールの数値がオーバーした脂質異常症だった。梅沢富美男は中性脂肪も大きくオーバーし、悪玉コレステロールがより危険な腸悪玉化しやすい状態。動脈硬化が進行している恐れがあるとの事だった。

超悪玉コレステロールを減らす玉ねぎの効果的な食べ方

真面目すぎる性格も血管老化の原因に

血管年齢+15歳だった宮元隆司は、お酒もたばこもやらず、ラテンダンスにハマっていて運動もしているのに頚動脈にプラークが見つかった。これが大きくなると心筋梗塞や脳卒中など突然死のリスクが高まる。

宮元隆司のように完ぺき主義な人は常に緊張状態が続き、血管がしまりやすかったり血圧が上がりやすくなる事が原因との事だった。

宮元隆司は脳の血管に後大脳動脈の狭窄がみつかった。後大脳動脈は脳に栄養を送る主要な血管の一つ。これも真面目すぎる性格が原因だという。

肺年齢+35歳 ユージ(29)の肺老化の原因

ユージの肺年齢は+35歳とかなり肺が老化していた。現在は禁煙しているが以前たばこを結構吸っていたことが原因とのことだった。喫煙本数が多い梅沢富美男の肺年齢も+15歳でCOPDの疑いがあるとのことだった。

肺がん予防に良い食べ物 ※男性の非喫煙者

男性の非喫煙者に限り、納豆など大豆イソフラボンを含む食べ物は、肺がん予防効果が期待できる。

出典:急な息切れ・胸の痛み・2週間以上続く咳 肺がんの見逃されやすい前兆症状 タバコを吸わない人に多い肺腺がんとは


関連記事

2016年1月11日 | カテゴリー:健康

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

CAPTCHA


このページの先頭へ

イメージ画像