夏にめまい・筋肉痛・頭痛・吐き気などがあったら熱中症の初期症状やサインかも

人間の身体は常に体温を37℃以下になるようにコントロールされています。熱中症は体温を37℃に保てなくなって37℃以上に上がってしまい、体内の臓器が熱を持ったり、水分や塩分の不足によって血流が減少して栄養分やエネルギーが全身に届かなくなった状態をいいます。

熱中症の状態になると起こる症状

  • めまい・立ちくらみ
  • 大汗をかく
  • 筋肉痛・脚がつる
  • 頭痛・吐き気
  • 疲れ・倦怠感
  • けいれん
  • 意識がもうろう
  • 体温が高くなる

これらはすべて熱中症のサイン。実際に熱中症と診断された人はこのような症状が出ていたといいます。暑い環境でこのような症状があったら熱中症を疑う必要があります。

どのくらいの症状が出たら危険なのか

症状によって危険度は3段階に分かれます。

1段階の症状
一番危険度が低い1段階(初期段階)の症状はめまい・立ちくらみ・運動していないのに脚がつる、筋肉痛が起きる・大量の汗をかくなど。初期段階では涼しい場所に移動し水分や塩分を補給する対処をします。

スポーツ中に脚がつるというのはよくある事ですが、暑い環境の中で筋肉痛や脚のつりが起きた場合は熱中症を疑ったほうが良いといわれています。

暑い環境に居る時に最初は汗をすごくかいていたのに、そのうち汗が出なくなってしまった時は、身体の水分が足りなくなって汗を作り出せなくなった危険な状態なので速やかに水分補給を。

2段階の症状
頭痛・吐き気・疲れ・倦怠感は危険度2の症状。

熱中症は熱が出る・寒気がする・頭痛がするなど風邪と似た症状が出る場合もあります。暑い環境の中で長時間作業をした後などに症状が出た場合は熱中症かもしれないと考えるべきです。

初期段階と同じ対処を継続しても改善しなければ病院へ。

3段階の症状
けいれん・意識がもうろう・体温が上がるのは危険度3の症状。救急車を呼ぶ必要がある段階です。

スポンサーリンク


スポンサーリンク


関連記事

2016年8月7日 | カテゴリー:健康

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

CAPTCHA


このページの先頭へ

イメージ画像