カビの生えやすい梅雨の時期 カビ対策をして快適に

雨の多い梅雨の時期に毎年頭を悩まされるカビ。実は思いも寄らない場所に潜んでいたりします。

お風呂場の天井のカビ取り法

kabi1

お風呂の湯気が上がる天井は、湯気がカビの元へ人の皮脂や汗を運んでくれるカビの絶好の棲家。皮脂や汗を養分にして繁殖し胞子を飛ばす危険があります。

天井のカビ掃除に使用するのは、除菌ウェットティッシュとアルコールタイプの除菌スプレー。

天井のカビに直接スプレーを吹きかけるのはNG。
ものすごい数の胞子を吸い込んでしまう危険があります。

kabi2

除菌ウェットティッシュを除菌スプレーで湿らせて、急がずにゆっくりとやさしく拭きます。
(勢いよく拭くと胞子が落ちてきてしまうため)

スポンサーリンク

家の中で一番カビが潜んでいる場所

kabi3

インテリアとして観葉植物を置いている人も多いのでは。
カビといえばお風呂やキッチンなどの水周りに生えやすいイメージですが
実は家の中で一番カビが多いのは観葉植物の土の中なんです。
これをこぼしたり埃をたてたりすると空気中にカビが飛んでしまいます。

じゃあ家の中に植物は置けないの?ということですが
対策としては一日一時間だけ室内でも構わないので日光に当てること。
観葉植物の置き場所によっては移動させないといけないので手間ですが、太陽の紫外線がカビを駆除してくれます。

カビは寒い場所にも発生

kabi4

カビには0℃でも繁殖できる種類が存在。
冷凍庫には生えませんが冷蔵室には生えてしまいます。
野菜についている土や水分など、カビのえさがある野菜室は対策が必要です。

水洗いして湿気があるまま冷蔵庫にもどしてしまうとカビが喜ぶ環境になってしまいます。
水洗いはせずにお風呂場の掃除の時と同じように、除菌スプレーを吹きかけた除菌ウェットティッシュでカビをふき取りましょう。
冷蔵庫のカビはアルコールでしっかり除菌することと、水分を残さないことが大切です。

衣類に隠れているカビ

kabi5

梅雨の時期になると気になる洗濯物の匂い。
天気が良いときには菌が繁殖する前に乾いてくれるから良いのですが
梅雨の時期は乾燥する前に菌が繁殖してしまい匂ってきます。

黄砂が飛んできたりしますし、どうしても部屋干しせざるを得ない時があります。

対策としては、部屋干し専用の洗剤で洗濯する事と、扇風機で空気を循環させることでカビの繁殖を抑えることができます。
押入れも両端を少しあけ扇風機で空気を循環させてあげるとカビの繁殖を抑えることができます。

ほこりはカビのマンション

kabi6

実はカビは埃に棲みついているんです。
カビの胞子は単体では死にやすいのですが、ほこりにくっついているカビは長生き。
知らず知らずのうちに溜まってしまう埃。
ほこりが多いとそれだけカビが住みやすい環境ということ。
目に付く場所の埃を掃除することが大切です。
こまめに埃を掃除してカビが住みにくい環境にしましょう。

カベはほこりのマンション

実は埃は家の中のカベに棲みついているんです。
埃は静電気が大好きです。最近は家の壁に静電気を帯びやすい樹脂系の素材が使われていることが多いので埃を吸いつけやすいのです。

埃は静電気の力でどんどん壁にくっつきます。
それが集まって重くなると床に落ちる→床に落ちた埃が人が歩いたり風が吹いたりするたびに舞い上がってまた壁に、ということを埃は繰り返しているのです。

月に1回程度、静電気を逃がす埃掃除グッズや静電気防止剤を吹き付けた雑巾で壁・床・棚などを拭いて埃がつきにくい家にしましょう。

化学物質に過敏でなければ、界面活性剤が含まれる柔軟剤に洗った雑巾を浸して絞り、しっかり乾かした雑巾で拭いても良いです。

食べ物にカビが生えてしまったら

油断するとおもちにカビが生えちゃったりしますよね。
青く見えてるカビは数百億個もいるということ。
そのままゴミ箱に捨てると空気中に胞子が舞ってしまいますので
ビニール袋にそーっと入れて捨てましょう。

スポンサーリンク


関連記事

2015年6月6日 | カテゴリー:梅雨

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

CAPTCHA


このページの先頭へ

イメージ画像