カボチャの種で冷えと頻尿を予防

冷房の効きすぎた部屋で過ごしていると頻尿になる可能性が・・・とは言っても夏は昼間も夜間も熱中症の危険があるので使わないわけにはいかないです。そんな冷えが原因の頻尿にはかぼちゃの種が良いそうです。

尿を溜めておく膀胱は膨らむことができるようになっていて風船のように伸び縮みします。ですが冷えたりして血流が悪くなると膀胱の筋肉が固まり伸び縮みできなくなり尿を正常な状態よりも溜める事ができなくなるので、冷房の効きすぎた部屋で過ごしているとおしっこが近くなる可能性があるというわけです。

かぼちゃに含まれるビタミンEは血流を促して冷えを予防する働きが、種にはリグナンという膀胱の筋肉を柔らかくしてくれる成分が含まれているので種まで食べると冷えと頻尿を予防できるという事です。

    ①半分に切ったカボチャの種の部分に水を大さじ1入れる
    ②軽くラップをして電子レンジ600wで4分加熱
    ③種を焦げ目が付くまで乾煎りする
    ④細かく砕くかフードプロセッサーで粉末状に

かぼちゃの種はこのような感じで粉末状にする食べ方があるそうで、きな粉みたいな感じがするそうです。

※頻尿予防にカボチャの種を紹介していた人・・・泌尿器科・関口由紀さん(女性医療クリニック・LUNAグループ理事長)
http://www.luna-clinic.jp/

スポンサーリンク


関連記事

2017年8月20日 | カテゴリー:健康

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

CAPTCHA


このページの先頭へ

イメージ画像