冬に健康と風邪予防のために食べると良い野菜や鍋とは

旬の時期に栄養価が高くなる冬野菜。この時期に健康と風邪予防のために食べると良い野菜や鍋とは。

冬に食べると良い冬野菜

白菜

白菜は全体の約95%が水分で量の割りに低カロリー。食欲が増す冬のダイエット食材にピッタリ。

ほうれん草

ほうれん草のβカロテンは、老化防止に役立つ抗酸化作用を持つ栄養素。皮膚や粘膜の保湿効果があり、風邪予防にも有効。βカロテンは油と一緒に摂ると吸収率がアップするといわれ、オリーブオイルで和えるとより効果がアップする。

大根

大根の消化酵素ジアスターゼには胃腸の働きを活性化する働きがある。葉にはビタミンcが大量に含まれ、冬の大根の葉は夏の大根の3倍多く含まれている。

ジアスターゼを効率的に摂るには、大根おろしで摂るのが効果的。

参考:生大根の消化酵素は炭水化物を分解 大根おろしとホットヨーグルトで9kg減量

冬に食べると健康と風邪予防に良い鍋

トマト鍋

トマトに含まれるリコピンで免疫力がアップ。リコピンは熱に強く、魚や肉の脂と一緒に摂る事で吸収率がアップする。チーズなどの乳製品と一緒に食べる事でさらに吸収率がアップし、美容効果が倍増する。

水炊き

鶏肉をたっぷり煮込んで作る水炊きが体に良い理由は、鶏肉のビタミンB6がIGA抗体を増やすから。IGA抗体はウイルスが体内に侵入するのを防ぐ抗体で、風邪の引き始めにくしゃみが出るのは、侵入しようとしたウイルスをIGA抗体が跳ね返そうとしているため。

キムチ鍋

キムチ鍋には冬に大切なものが凝縮されている。
唐辛子のカプサイシンによる体を温める効果、キムチの乳酸菌による風邪予防効果。乳酸菌で腸内環境が整う事で免疫力がアップし、侵入しようとしたウイルスを撃退してくれる。

特に重要なのは豚肉とニンニクの相乗効果。豚肉のビタミンB1とニンニクが結合すると、疲労回復成分アリチアミンになる。

体を温める、風邪予防、疲労回復効果すべて揃っているのがキムチ鍋の魅力。さらに酒かすを入れることで、効果が相乗的に増える。きなこをかけて食べると、オリゴ糖が乳酸菌のエサになり、腸内環境を良くする効果がアップし美肌効果も期待できる。

参考
腸内環境を整え腸から風邪予防
風邪予防に効果的な鼻と喉の乾燥を防ぐアロマやマスクの使い方
紅茶・カボチャで風邪、インフルエンザ予防 殺菌消毒効果がある食べ物

スポンサーリンク


関連記事


2015年11月29日 | カテゴリー:健康

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

CAPTCHA


このページの先頭へ

イメージ画像