水戻しよりも栄養が摂れて健康に良い乾物ヨーグルトの作り方

乾物ヨーグルトの作り方は普通は水で戻す乾物をヨーグルトで戻すだけ。乾物ヨーグルトの利点は、水戻しや、ヨーグルトと乾物を別々に食べる場合と比べ、ヨーグルトで戻すと乾物の栄養が流出しない分、より生活習慣病などの予防効果が高まること。加えてヨーグルトの乳酸菌と良質なタンパク質も摂れる。

乾物ヨーグルトの作り方

混ぜるヨーグルトの量

  • 野菜・・・乾燥重量の3~5倍
  • 海藻・・・乾燥重量の10倍

ヨーグルトが乾物の表面に触れていればOK

ky4
乾物と適量のヨーグルトを混ぜる(ヨーグルトが乾物の表面に触れていればOK)

切り干し大根なら適当に切り干し大根が浸るくらいの量を入れて混ぜれば大丈夫だが、ヨーグルトが少なすぎると失敗する。

スポンサーリンク

ヨーグルトと乾物を混ぜたら冷蔵庫で8時間寝かせる

ky5
ヨーグルトに8時間漬ける事でしんなりした食感に。水で戻す場合は乾物によって時間が違うが、ヨーグルトならどの乾物でも同じ時間で戻す事ができる。

400~450gのプレーンヨーグルトを半分食べた後に、その容器の中にそのまま切り干し大根を入れて混ぜておけば、容器のままできてラク。

できた乾物ヨーグルトは冷蔵庫で1週間保存可能。出しっぱなしにしないで低温で保存する。

ひじきは不可

ひじきはヨーグルトで戻すと有毒な無機砒素が出るため、乾物ヨーグルトには向かない。

水戻しよりも豊富な栄養素

乾物ヨーグルトになった切り干し大根の栄養素

  • カリウム・・・水戻しの6倍
  • カルシウム・・水戻しの3倍
  • 脂質・・・・・水戻しの7倍
  • たんぱく質・・水戻しの4倍

乾物を水で戻すと、水に溶けやすいカリウムやビタミンb群が水に溶け出してしまう。一方乾物ヨーグルトは、水戻しでは流出してしまう栄養素に加え、ヨーグルトの栄養も一緒に摂る事ができ、それぞれの健康効果を相乗的に得られる。

気になる症状別乾物ヨーグルト

  • 高血圧予防・・・切り干し大根(カリウム)
  • 糖尿病・便秘予防・・・干しワカメ(食物繊維)
  • 骨粗鬆症・更年期障害・・・炒り大豆・干ししいたけ(イソフラボン&ビタミンD)
  • 動脈硬化予防・・・煮干(タウリン)

乾物ヨーグルトの使い方

味噌汁

ky3
切り干し大根で作った乾物ヨーグルトを出汁代わりに使う(ヨーグルトが付いたまま)。旨みが凝縮されているので出汁いらずで美味しい味噌汁ができる。

切り干し大根とホタテのサラダ

ky2
乾物ヨーグルトになった切り干し大根、ホタテの缶詰半分(汁ごと)、好みの量のマヨネーズを混ぜたら完成。

レシピ考案:管理栄養士・岸村康代

参考
肌荒れ、シミシワから冷え性まで予防「くるみバナナヨーグルト」
ヨーグルトなどの発酵食品はリンパの流れを良くする
ヨーグルトが免疫細胞を活性化

スポンサーリンク


関連記事

2015年11月11日 | カテゴリー:健康

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

CAPTCHA


このページの先頭へ

イメージ画像