平均寿命第3位(男性)福井県の長寿の秘密は打ち豆だった? 老化防止、美肌効果、血管若返り効果がある郷土食材

平均寿命第3位(男性)の長寿県である福井県の人達は、打ち豆で老化を防ぎ健康を保っていた。

打ち豆は生の大豆を叩いて平らにしたもので、煮物や味噌汁に使った時に、汁に大豆のポリフェノールが普通の大豆より2.5倍多く出る。ポリフェノールとは抗酸化作用のある物質で、体の老化防止、動脈硬化を抑制する血管若返り効果・美肌効果などが期待できる。

長寿日本一の長野県でも同じ大豆製品の粉豆腐が食べられていたりと、健康で長生きするには大豆が欠かせないようです。

豆腐より栄養豊富

um3

豆腐も十分体に良いが、製造する際おからの部分を取り除くため、食物繊維やポリフェノールが減ってしまっている。しかし打ち豆はそのまま鍋に入れて使用するので、ポリフェノールをたくさん摂れる。

打ち豆の作り方

um4

①水に2時間程度浸ける
②木槌で叩く

打ち豆の食べ方・使い方

打ち豆の使い方の基本は、肉じゃがや味噌汁など、様々な料理にそのままチョイ足しすること。

um2

昔からよく食べられている料理は打ち豆入り肉じゃが。肉じゃがに打ち豆を入れ、10分煮込んで作る。割れたところから美味しい出汁が染み込み、その味に染まるためどんな料理にも使いやすい。ハンバーグや豚の角煮に入れている家庭も。

関連
90歳で現役の医師が実践している健康法・大豆の水煮30~40粒を朝昼晩毎食食べる
悪玉コレステロールを下げる食品「粉豆腐」は血管を若返らせ長生きに
平均寿命日本一の長野県ではくるみからオメガ3を摂っていた
【すんき】長寿日本一長野県の人達が血管と肌年齢を若く保っている食べ物【赤かぶの葉の漬物】

スポンサーリンク


関連記事


2015年12月11日 | カテゴリー:健康

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

CAPTCHA


このページの先頭へ

イメージ画像