妊娠中に飲むと先天異常の発生や臓器に影響がある薬

妊娠中の薬は飲んでも大丈夫な薬もありますが赤ちゃんへの影響が大きい薬があるので妊娠中は自己判断で薬を使わないことが大切です。風邪などの症状がある場合はかかりつけの医師に相談すると妊娠中でも飲んでも大丈夫な薬を考えてもらえます。

妊娠中に飲まないほうが良い風邪薬・解熱鎮痛薬

kusuri161015

イブプロフェン、ロキソプロフェン

市販の頭痛薬に含まれているこの2つの薬は注意が必要です。これらを妊娠後期に大量に使用した場合に、胎児の動脈管が収縮し心不全などを引き起こすといわれています。

自己判断で薬を止めない

妊娠中に薬を使うのは注意が必要ですが、持病があり飲んでいる薬がある場合に自己判断で止めるのもあまりよくありません。薬を止める事で持病が悪化し、強い薬が必要になったり自身や赤ちゃんに影響が出ることがあるためです。

妊娠中の薬は自己判断で止めるのも使うのもあまり良くないということです。

妊娠2ヶ月~4ヶ月の時期に注意が必要な薬

  • 抗血栓薬:ワルファリン
  • 抗てんかん、片頭痛予防薬:バルプロ酸
  • 免疫抑制薬:ミコフェノール酸
  • 抗がん剤、抗リウマチ薬:メトトレキサート

妊娠2ヶ月~4ヶ月は中枢神経、心臓、手足などが作られる時期。赤ちゃんが薬の影響を最も受けやすく先天異常の発生に影響がある重要な時期です。

妊娠4ヶ月以降に注意が必要な薬

  • 降圧薬:ACE阻害薬 ARB
  • →中期から注意が必要、腎臓に障害を及ぼす

  • 非ステロイド性消炎鎮痛薬:イブプロフェン、ロキソプロフェン
  • →後期から注意が必要

  • 精神神経系薬:SSRI ベンゾジアゼピン系 抗不安薬
  • →大量に飲んでいた場合、生後に一過性の症状が現れることがある
    →母乳をあまりのまない、ふるえ、不機嫌など

4ヶ月以降はお母さんが使った薬は胎盤を通って赤ちゃんに行き、発育抑制、臓器障害などの影響が出ます。また後期になるほど影響が出やすくなります。

妊娠中の薬について相談できるところ

妊娠と薬情報センター
http://www.ncchd.go.jp/kusuri/

持病で飲んでいる薬が赤ちゃんに影響はないか、妊娠していることに気付かずお薬を飲んでしまったけど大丈夫なのかなどの相談ができます。

スポンサーリンク


スポンサーリンク


関連記事

2016年10月14日 | カテゴリー:健康

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

CAPTCHA


このページの先頭へ

イメージ画像