蒸しショウガは腸にも良かった 冷えて働きが低下した腸を元気にしてむくみや免疫力アップが期待

腸の温度が低下する事でむくみ・免疫力低下・疲れやすくなるなど様々な不調を招く腸冷え。ショウガはそんな腸冷えの改善に効果的な腸を温める効果もすごかった。

むくみの原因の一つは腸冷え

  • 腸が冷えると腸の動きが悪くなる
  • 腸の動きが悪くなるとリンパの流れも悪くなる
  • リンパの流れが悪くなると腸だけでなく身体全体がむくむ

吸収した栄養分を体全体に運ぶため腸の周りには特に多くのリンパ管が集まっています。

腸の周りにあるリンパ管は腸のぜん動運動によってリンパを流しているので、腸冷えをして腸の動きが悪くなるとリンパの流れが停滞します。これが体全体のリンパに影響し老廃物や不要な水分が溜まりむくみとなってしまうのです。

むくみ以外にも、腸は免疫細胞も多く集まっているので腸冷えをしてしまうと免疫力が低下します。腸の栄養を吸収する働きも悪くなるので栄養バランスが乱れ、肌荒れや疲れやすくなるといった不調を招く可能性もあります。

腸を温める効果が段違い「蒸しショウガ」

  • 腸を温めるペプチドという物質を作り出す成分が生のショウガより400倍も多い
  • 生のショウガより体温を上げる効果が10倍高い
  • 1日小さじ1杯で効果がある

作り方

①皮をむかずスライス
②重ならないように蒸し器に並べて30分蒸す
③1日~2日天日干しする
④すり鉢で粉状にすりつぶしたら完成

※冷やすと成分が蒸す前に戻ってしまうため常温で保存する

腸をより効果的に温められる食べ方

①豆乳・牛乳・味噌汁などタンパク質が豊富な食べ物と一緒に摂る。

ものを食べると、食べたものをエネルギーに変えるために体が熱を生み出すが、タンパク質を食べた時が最も効率的に熱が生み出される。

②65度の飲み物と一緒に摂る。

冷えたままの牛乳200ccを電子レンジ(500w)で2分温めると約65度になる。

蒸しショウガを実践して効果があった有名人

○菊地亜美

suzukiasi1suzukiasi3
実践前→実践後

・生活は普段通りで、朝と夜に蒸ししょうがを小さじ1杯入れた65度のホットミルクを飲む生活を1週間続けたところ、むくみが改善されて履けなかったジーンズを履けるようになった

・足首が1cm以上細くなった

○小島瑠璃子

1日小さじ1杯の蒸ししょうがで体温が上がって免疫細胞の数が増加、低体温や冷えも改善された

スポンサーリンク


スポンサーリンク

出典:腸を知って身体のお悩み解決SP


関連記事

2016年9月8日 | カテゴリー:健康

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

CAPTCHA


このページの先頭へ

イメージ画像