関根勤さんに学ぶ尿路結石の原因や症状-サタデープラス

夏は冷たい飲み物や食べ物をついつい食べ過ぎてしまいます。夏は水分不足になりがち。水分不足が尿路結石の原因の一つなので水分補給が大切ですが、水分をシュウ酸が入っていないものにすると尿路結石の予防になるのだとか。

汗をたくさんかく夏に発症する人が多い尿路結石。

nyoro1

腎臓でシュウ酸カルシウムが固まってできた石が尿管につまって、尿が腎臓に溜まることで激痛が引き起こされる病気。

痛風と並んで2大激痛とまで言われ、尿路結石経験者の関根勤さんは「死ぬほど痛かった」とサタデープラスで語っていました。

キックボクサーに下腹部を10秒に1回ひざ蹴りされたような痛みと例えていました。

スポンサーリンク

 尿路結石の症状 

関根さんによれば食あたりや下痢と勘違いするような症状が出たといいます。体をまっすぐに保てないほどお腹が痛くなり、その後病院で処方された薬で助かったのだそう。やはり病気は自己判断しないように気を付けたいですね。

 関根勤さんが尿路結石になった原因とは 

○野菜不足
尿路結石の予防には野菜中心の食生活が効果的。
現在は気を付けているようなのですが、発症当時は食生活が乱れていて、とんかつ、ステーキなど高脂肪高カロリーな食べ物を良く食べていたという関根さん。野菜も嫌いであまりたべなかったのだそう。

 予防に効果的な食事とは 

カルシウムが尿路結石の原因となるシュウ酸を排出してくれるといわれています。

お酢に含まれるクエン酸も予防に効果的。腎臓で石ができるのを防いでくれる効果があります。お酢だけでなく梅干しやレモン、グレープフルーツなどクエン酸が含まれる食品も予防に役立ちます。

 結石を防ぐには 

専門医によれば、水分を1日2リットル摂ることで結石を予防できるのだそうです。

お茶で水分を摂るとしたら尿路結石の原因となるシュウ酸が少ない麦茶やほうじ茶が理想です。

アイスココアやアイスティーもおいしいので飲みたいところですが、ココアや紅茶はシュウ酸が含まれていますので、牛乳を入れてカルシウムを一緒に摂るようにしあまり飲み過ぎないようにしましょう。

スポンサーリンク


関連記事

2015年6月12日 | カテゴリー:健康

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

CAPTCHA


このページの先頭へ

イメージ画像