1日20粒の薄皮付きピーナッツで高血圧改善 亜鉛やポリフェノールの効果?

高血圧の予防改善に効果的なピーナッツ

  • カリウムが余分な塩分を外へ出す
  • ポリフェノールが血管の収縮を抑え拡張させる

高血圧の主な原因は塩分の摂りすぎと、飲酒や喫煙、生活習慣の乱れなどによって血管が弾力を失い狭くなる事。狭くなった血管を血液が通るので血管への圧力が増し血圧が上がってしまいます。ピーナッツはこの2つに効く栄養素が含まれているので高血圧の予防改善に効果的というわけです。

検証では、1日20粒のピーナッツを37日間食べてもらったところ、上の血圧平均値139から131に下がったという結果が出ているそうです(海外の論文を元に渡辺尚彦医師が検証)

血管の老化防止に欠かせない亜鉛も摂れる

  • 亜鉛が不足すると高血圧の状態になる
  • 亜鉛は動脈硬化を進める活性酸素を除去するのに役立っている

亜鉛はこのような働きがある事がラットによる研究で明らかになっているそうで、血管に良い食生活を送っていても亜鉛が不足していると血管の老化は防げないといいます。

ピーナッツ20粒ではカリウムも亜鉛も1日に必要な量の10%も摂れません。カリウム亜鉛ポリフェノールの3つの栄養素の働きで高血圧改善という検証結果に繋がったのかもしれないので皮ごと食べるのが重要なようです。

渡辺尚彦医師によると殻付きの素煎りと書かれたピーナッツが良いそうです。

効果倍増?酢ピーナッツの作り方

1.蓋付きの容器にピーナッツ200gと酢300mlを入れ冷蔵庫に入れておく
2.半日でも食べられるが3~5日後が食べごろ(賞味期限は1ヶ月)

使う酢は醸造酢ならなんでもいいですが、リンゴ酢で作ると甘みが感じられてあまりすっぴーくないようです。


https://cookpad.com/recipe/4698658

飽きてきたらピーナッツバターも良さそうと思ったので簡単にククってみたところ、フードプロセッサーがあればオリーブオイルやココナッツオイルでも作れるみたいですね。


https://cookpad.com/recipe/4670010

皮付きでもできるようです。

スポンサーリンク


関連記事


2018年2月13日 | カテゴリー:健康

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

CAPTCHA


このページの先頭へ

イメージ画像