もうリバウンドしたくない!リバウンド防止に役立つ食べ物

リバウンドしないためには筋肉を付ける事が大事です。筋肉を付けると基礎代謝が上がりリバウンドしにくい体になります。筋肉を作るには筋肉の材料になるアミノ酸が欠かせません。筋肉の材料になるアミノ酸が豊富な食べ物を摂取した後に、ウォーキングなどの軽い運動をするだけの方法でも、筋肉を付ける効果がありリバウンド防止に役立つのです。

「バリン」「ロイシン」「イソロイシン」を積極的に摂りリバウンドしにくい体に

アミノ酸はタンパク質を作るのに必要な成分で、体に欠かせない栄養です。加齢や無理なダイエットによって筋肉は減少してしまうので、ダイエット中でも筋肉の材料は摂っておかないといけません。摂っておくと年を取ってからでも筋肉を保つ事ができます。

普段の食事で筋肉の材料になるアミノ酸「バリン」「ロイシン」「イソロイシン」を積極的に摂れば、筋肉の減少が抑えられ、基礎代謝もあがるためリバウンドしない体に近づきます。

スポンサーリンク

リバウンド防止に役立つアミノ酸を効率よく摂れる食べ物

赤身や脂身の少ない肉

筋肉の材料になるアミノ酸「バリン」「ロイシン」「イソロイシン」を摂取する上での肉の選び方は、脂身が少ない肉を選ぶ事です。牛ならモモ肉、豚ならロース、鶏ならムネ肉など、筋肉としてよく使われている部位や赤身に、筋肉の材料になるアミノ酸が豊富に含まれています。

枝豆

「バリン」「ロイシン」「イソロイシン」を効率的に摂れる野菜は、枝豆、そら豆などの豆類やトウモロコシ。タンパク質が豊富な野菜はアミノ酸も豊富です。

マグロ

マグロの赤身の部分はマグロが泳ぐ時によく動かしている筋肉の部分なので、マグロの中でも赤身の部分に「バリン」「ロイシン」「イソロイシン」が一番多く含まれています。

「バリン」「ロイシン」「イソロイシン」の比率が大事

バリン1:ロイシン2:イソロイシン1が黄金比

一番効率よく筋肉を付けるには3つの比率が大事です。スポーツ選手はサプリメントなどでこの比率でアミノ酸を摂取しています。マグロの赤身・牛肉の赤身・鶏のササミはこのアミノ酸が豊富なだけでなく、黄金比に近い割合で含まれています。

アミノ酸を摂った後は運動する

筋肉の材料を食べても、運動しないと筋肉はつきません。筋肉を作るには運動も大切です。アミノ酸を摂り、食後に軽いウォーキングをするだけでも十分リバウンドしない体に近づける効果が期待できます。

スポンサーリンク


関連記事

2015年9月21日 | カテゴリー:ダイエット 健康

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

CAPTCHA


このページの先頭へ

イメージ画像