コンビニサラダやレタスが何倍もおいしくなる方法-得する人損する人

手軽に野菜を取れて便利なコンビニサラダ。しかし付属のドレッシングなどをかけた時、水分が多すぎてレタスの歯ごたえが無くなり、最後までおいしく食べられないですよね。そんな時コンビニで売っている意外なものをトッピングするだけで、シャキシャキしたまま食べられるテクニックが得する人損する人で紹介されていました。

先週とうもろこしの皮の剥き方を教えてくれた農家さんが今回も登場。じつは本職がレタス農家でおいしい食べ方を知り尽くしているという。

 ふりかけでコンビニサラダが何倍もおいしく 

retasu1

普通にドレッシングをかけると飽きてきちゃいます。ふりかけをかけて食べると、ふりかけの固さとレタスのシャキシャキ感がマッチして初めて食べるおいしさに。

実際に食べた坂上さんは「メチャメチャうまい!脂っこくないし飽きない。新食感じゃないけどこのコンビネーションはヤバイ」と評価。

スポンサーリンク

 あまったレタスの使い方 

retasu2

一度ではなかなか使い切れず傷みがちなレタス。そんな余ってしまったレタスの有効な使い方は”味噌汁”

農家はよく作るというレタスの味噌汁。

実際に食べた坂上さんは「レタスがサヤエンドウの味にも似てるし、加熱し終わって火を止めてからレタスをいれるくらいでいい」と評価。

おいしさの秘密は火を通して甘みが増したこと。

レタスには苦味を感じるラクチュコピコリンという成分が含まれていますが、加熱するとその苦味が減る性質があるので、レタスに火を通し苦味が減ることで野菜特有の甘みが際立ち甘く感じるということなんです。

 レタス農家がおすすめする食べ方 

retasu3

火を通すと甘くなる性質を生かした食べ方は”揚げ物”

生産者おすすめは、レタスを芯にして豚バラで巻いた”レタスの肉巻きフライ”
油っぽい揚げ物をレタスがサッパリさせてくれるそう。
揚げているのにレタスのシャキシャキ感は残っていておいしいそうです。

スポンサーリンク


関連記事

2015年6月11日 | カテゴリー:生活

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

CAPTCHA


このページの先頭へ

イメージ画像