やりすぎると逆効果、大久保さんのほうれい線が薄くなったリガメントほぐし

タレントの大久保佳代子さんがほうれい線が薄くなるリガメントほぐしというマッサージを2週間実践。顔全体が引き上がり明るい印象になっていた。

リガメントとは骨と筋肉・脂肪・皮膚を繋げている組織の事。頬骨の下にあるリガメントをほぐすことで、上に引っ張る筋肉がよく動くようになるためほうれい線が目立ちにくくなる効果が期待できるといいます。

リガメントほぐしを紹介している医者

    松宮敏恵・・・形成外科医。サフォクリニック・昭和大学藤が丘病院形成外科。解剖学を駆使し筋肉や骨の構造からたるみの改善法を導き出す。

ほうれい線が深くなる原因

○口周りの筋力の低下

ほうれい線の原因は口の周りの筋力が低下してたるんでしまうから。紫外線や生活習慣などで老化が進み筋力の弾力が低下したり、皮膚のコラーゲンが減少しハリが保てなくなって下に落ちてくる事なども原因。

リガメントほぐしのやり方

rigament1

ほうれい線に影響するリガメントは鼻の付け根から頬骨に沿って付いている。この部分をほぐしていく。

rigament2

①親指を頬骨の下に潜り込ませるように斜め上に押す
②頬骨に沿って少しずつずらしながら痛気持ちいい程度の力で押していく

1日の目安は1~2分
やりすぎてしまうとリガメントが傷んでしまうので、あまり力を入れすぎず1日1~2分程度にしたほうが良いそうです。

※下方向に押すのは×
※リガメントが硬くなっている場合は痛く感じることがあるが、ほぐれてくると痛みは弱まってくる

2週間続けた結果

rigament3
before

rigament4
after

ほうれい線の中間がかなり薄くなったように見えます。beforeのほうが口に力が入っている気がしますがリガメントが硬かったということなんでしょうか?

2週間続けることで、個人差がありますが1cm程度はほうれい線が短くなるようです。

スポンサーリンク


スポンサーリンク

出典:サタデープラス


関連記事


2016年10月1日 | カテゴリー:健康

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

CAPTCHA


このページの先頭へ

イメージ画像