シミシワ予防に桜エビ、骨粗鬆症&ダイエットに梅干しが良い

シミシワ防止&夏バテに桜エビ

海産物の健康効果を研究している早稲田大学の矢澤一良教授によると、桜エビには夏に起こりやすい肌トラブルや夏バテの予防に効果的な栄養素が含まれているといいます。

  • 活性酸素を消去しシミシワ防止に効果的なアスタキサンチン
  • 肝臓機能を向上させ疲労回復に効果的なタウリン
  • 骨の強化に良いカルシウムが牛乳の6倍

紫外線が皮膚に当たり活性酸素が出てくるとそれがシミ・シワ・日焼けになってしまいます。桜エビにはそれを予防するアスタキサンチンや体力をつけてくれるタウリンが含まれているため、紫外線が強く、暑さで体力が低下しがちな夏におすすめだといいます。

スポンサーリンク

梅干しは骨粗鬆症予防やダイエットに良い

梅干しの効能を10年以上研究している和歌山県立医科大学の宇都宮洋才(うつのみやひろとし)博士によると

  • 梅干しを食べると骨粗鬆症にならない
  • →梅自身にカルシウムを吸収しやすくする機能性がある

  • ダイエット効果がある
  • →梅干しに脂肪燃焼効果がある成分が含まれている

この二つの効果がわかってきたといいます。

宇都宮博士の研究では梅干しを週に1~2個食べる習慣がある人は、食べない人に比べて骨密度が1.2倍高く、骨粗鬆症の予防に効果的であることがわかっています。

カルシウムは水に混ざりにくく吸収されにくい栄養素ですが、梅干しに含まれるクエン酸には色々なものと吸着するキレート作用があり、クエン酸がカルシウムと一つになる事で吸収されやすくなると考えられています。

宇都宮博士の最近の研究では梅干しには脂肪燃焼効果がある成分が含まれていてダイエット効果があることもわかっています。実際に少し前に放送された番組のダイエット企画で、小豆の効果もあるかもしれませんが、梅干しを1日3個食べるダイエット法を実践したタレントがダイエットに成功しています。

関連:レンジで加熱した焼き梅干しとあずきスープのダイエット効果がすごい ナイナイアンサーラクやせダイエット

梅の生産量日本一・和歌山の梅農家の梅干しの食べ方

  • バーベキューで梅干しをアルミホイルで包んで焼き梅に
  • →これを肉と一緒に食べる
    →梅干しを焼くと脂肪燃焼効果がある成分が増える

  • サバの梅煮にして
  • →サバを水・醤油・砂糖・梅干しで煮込む

  • 梅醤油
  • →醤油に青梅を1ヶ月漬け込んで作る

  • 梅干しおにぎり
  • →米1合に対して梅1個を入れた炊き、炊きあがったら種をとって混ぜ合わせる
    →暑くて食欲が湧かない時でもさっぱり食べられる

スポンサーリンク


関連記事

2016年7月6日 | カテゴリー:ダイエット 健康

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

CAPTCHA


このページの先頭へ

イメージ画像