風邪インフル予防に効果的な飲み物→水

風邪・インフルを防ぐ線毛(せんもう)

  • 線毛は鼻の奥から気管や気管支にかけて生えている、長さ100分の1ミリの毛
  • 線毛は1秒間に15回という速さで波打ち続けている、そのおかげで体内に入った多くのウイルスは喉の奥へと運ばれ、やがて胃に到達し胃酸で退治される

このようにウイルスを撃退してくれる線毛ですが、その働きが低下するとウイルスが胃へと素早く運ばれず停滞し、気道から細胞内に侵入して増殖。鼻や喉に炎症を起こし【くしゃみ】【鼻水】【咳】【喉の痛み】【発熱】【頭痛】といった症状を引き起こしてしまいます。

厳しい寒さと水分不足が線毛の働きを低下させる

  • 気温が低ければ低いほど動きが弱くなる
  • ウイルスを運搬するのに線毛の上にある粘液が重要、粘液が十分にあることでウイルスが上手く運ばれる
  • 水分不足になると粘液が減少してしまうためウイルスが運ばれていかず、ウイルスが細胞内に侵入してしまう可能性が高まる
  • 冬になると空気が乾燥し、皮膚や吐く息から自分では気が付かないうちに水分が失われる

冬は気が付かないうちにじわじわと水分が出て行くため喉が乾く感覚が無く、積極的に水を飲まない場合が多いようです。その結果、体内の水分量が低下、水分不足になってしまうようです。

冬の脱水による線毛の活動量低下を防ぐには

  • 1日1.5リットルの水分が必要
  • 短時間に大量の水を飲むとすぐ外に出されてしまうため少量の水をこまめに摂る
  • 水分はお茶から摂っても良い
  • コーヒーやお酒は利尿作用があるため水分補給にはあまり適さない

冬の脱水を防ぐためには1~2時間おきにコップ1杯(200ml)程度飲むと良いそうです。7~8回で1日に必要な1.5リットルになります。

ミントオイル(ハッカ油)の香りが線毛の働きを活発にする

  • ミントのスースーする成分メントールが線毛の働きを活発にしてくれる

睡眠中は水分補給ができずウイルスに感染しやすいので、タオルやマスクからミントの香りを嗅げるようにして寝るといいそうです。起きた時に喉や口がカラカラになりにくい効果もあるようです。

【ミントタオル】
1.洗面器に水を張り、そこにミントオイルを7~8滴たらす
2.タオルを浸して軽く絞ったら完成、寝るときに寝室に掛けておく

【ミントマスク】

1.霧吹きの容器に水を入れ、そこにミントオイルを1滴たらす
2.マスクに2~3回スプレーする

風邪の原因はいくつかありますが線毛の機能の低下による風邪はかなりの割合を占めているといいます。寒さはどうしようもないので水分をこまめに摂る事と睡眠中はミントの香りを嗅いで線毛の活動が低下しないようにしたいですね。

スポンサーリンク


関連記事


2018年1月7日 | カテゴリー:インフルエンザ 健康

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

CAPTCHA


このページの先頭へ

イメージ画像