ベルトをキツく締めると胸焼けしやすい?湯船に入ってから体を洗うと乾燥肌に?寝る直前の歯磨きは不眠を招く?よくやりがちな習慣が招く体の不調

ベルトをキツく締める、先に湯船に入ってから体を洗う、寝る直前に歯磨きするといった習慣があり、胸焼けしやすい、乾燥肌、寝つきが悪いなどの症状がある人はこの習慣が原因かもしれません。

逆流性食道炎を起こしやすい習慣

ベルトをキツく締める

ベルトをキツく締めると、胃の圧が高まることによって胃酸が逆流し、逆流性食道炎を起こしやすくなるといわれている。

逆流性食道炎が原因で引き起こされる代表的な病気として胸焼けがある。逆流性食道炎が年々増え続けている原因は食の欧米化や肥満が関係していると考えられているが、ベルトをキツく締める事も原因の一つと考えられている。

食道がんになる可能性も

食道がんは大きく分けると扁平上皮がんと腺がんの2種類あり、腺がんの原因の多くは逆流性食道炎。

スポンサーリンク

乾燥肌になりやす習慣

湯船に浸かってから体を洗う

皮膚の表面を覆っている皮脂によって肌の乾燥が防がれている。お湯に浸かって皮脂が剥がれやすい状態で体を洗うと、皮脂が奪われ水分が蒸発しやすくなる。

乾燥を防ぐ入浴の仕方

  • 湯船に浸かる前に体を洗う
  • ごしごし洗わない
  • よくあわ立てて手で優しく洗うだけで十分

  • 38℃~40℃のぬるま湯に10分浸かる
  • 熱いお風呂に長く浸かると、体の水分や保湿成分が失われてしまう

  • 入浴後すぐに保湿クリームを塗る
  • 乾燥する前に塗る事が大切、体からまだ湯気が上がっているタイミングが効果的

寝つきが悪くなる習慣

寝る直前に歯を磨く

睡眠に重要なホルモン・メラトニンは、日光を浴びてから14~16時間後に分泌が増えてくるが、寝る直前に歯を磨くとメラトニンの分泌量が減ってしまう事がイギリスが行った研究でわかっている。

理由は歯茎への刺激や冷水で口をすすぐ事で興奮してメラトニンの分泌が抑制されてしまうため。他にもPC・スマホや熱いお風呂もメラトニンの分泌を妨げる。睡眠に入りやすくするには夕食の30分後寝る1時間前のタイミングで歯磨きをするのが理想的。

メラトニンを分泌させやすい行動

・瞑想
無心になる事で脳がリラックス

・深夜のチョコレート
カカオに気持ちを落ち着かせる効果

・1時間入浴
ゆっくり湯船に浸かる事で脳がリラックス状態に

・部屋を真っ暗にする&アロマ)
一番メラトニンを発生させやすい行動

寝る2時間前にリラックスする事で、深い眠りを誘発するホルモン・メラトニンが分泌され、眠りに入りやすく深い睡眠になりやすい。

出典:不眠解消ぐっすり眠る3つの方法 ショートスリーパー芸能人がやっていた短時間睡眠でも眠くならない行動&食生活

スポンサーリンク


関連記事

2016年1月25日 | カテゴリー:健康

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

CAPTCHA


このページの先頭へ

イメージ画像