長寿県長野の肌&血管若返り食材、凍み大根&トマト寒天の健康効果と作り方

いつまでも若々しくいるためには血管を老化させないことが大切。そんな血管の老化防止効果が期待できるとして、健康長寿研究者が注目している最強食材が日本一の長寿県長野県にあった。

長野県で作られる乾物・凍み大根の血管若返り&肌老化防止効果

家森幸雄 武庫川女子大学国際健康開発研究所所長 世界61カ国の食生活を分析 食べ物と健康長寿の関係を研究

乾物と長寿に大きな関係

食べ物と健康長寿の関係を研究している家森幸雄博士によると、生の状態よりも栄養が増加する乾物をうまく利用している地域は長寿の人が多い傾向があるという。長野県に数多くある乾物の中でも家森幸雄博士が血管の老化防止に特にオススメだというのは凍み大根

凍み大根は箸が通るまで茹でた輪切りにした大根を寒い屋外に干し、凍結と解凍を繰り返して乾燥させたもの。凍結と解凍を繰り返す事で細胞が壊れ、栄養素が吸収されやすくなるのが健康に良い秘密。

大根の健康効果

  • 高血圧防止
  • →カリウム

  • 貧血予防
  • →鉄分

  • 悪玉コレステロール抑制・腸内環境改善
  • →食物繊維

生の大根よりも豊富な栄養素(100gあたり)

  • カリウム3500mg=生の大根230mgの15倍
  • 鉄分3.1mg=生の大根0.2mgの16倍
  • カルシウム500mg=生の大根23mgの22倍

血管を老化させる大きな原因は塩分の摂りすぎなどによる高血圧。凍み大根は製造の過程で栄養が濃縮されているため生の大根よりも栄養が豊富。余分な塩分を排出してくれるカリウムは生の大根の15倍も多く含まれ、高血圧の予防効果が高い。

悪玉コレステロールを減らす働きや腸内環境を整える働きがある食物繊維も生の大根の16倍も多く含まれ、血管若返りに効果的な上、肌の老化も防いでくれる。

スポンサーリンク

寒天生産量日本一の長野県で食べられているトマト寒天の血管若返り効果

鎌田實 諏訪中央病院名誉院長 減塩・野菜の積極的な摂取を指導 長野県を日本一の長寿県に導いた

トマト寒天の効果

  • 悪玉コレステロールを減らす&善玉コレステロールを増やす効果で血管の老化防止
  • 寒天の効果によって便秘解消・高血圧予防・糖尿病予防&改善
  • リコピンの抗酸化作用によって血管や肌の老化防止・動脈硬化の予防

トマト寒天は食物繊維による悪玉コレステロールを減らす効果と、リコピンの善玉コレステロールを増やす効果が期待できるとして、健康長寿を研究している鎌田實先生が注目している血管若返り食材。

寒天はあらゆる食品の中でもトップクラスの量の食物繊維が含まれている。トマトのリコピンはβカロテンよりも抗酸化力が2倍強く、血管の老化防止や動脈硬化の予防効果が高い。さらに食事では増やす事が難しいとされてきた善玉コレステロールを増やす効果もある。

トマト寒天の作り方

  • 棒寒天:1本
  • 水:300cc
  • トマトジュース300cc
  • トマト:1個

①細かくちぎって水で洗った棒寒天を20分間水に浸ける(粉寒天でも可)
②水300ccを中火にかけながら棒寒天を煮溶かす
③棒寒天が溶け出したらトマトジュースと細かく刻んだトマトを混ぜ合わせる(トマト無しでもOK)
④型となる容器に移して常温で固まるまで待ったら完成

※冷蔵庫で1週間保存可能

長野県の健康食材
【すんき】長寿日本一長野県の人達が血管と肌年齢を若く保っている食べ物【赤かぶの葉の漬物】
平均寿命日本一の長野県ではくるみからオメガ3を摂っていた
わさびのスゴいパワー わさび農家に肌年齢血管年齢-10歳超え続出の秘密&辛味を消す上手な食べ方とは

スポンサーリンク


関連記事


2016年2月27日 | カテゴリー:健康

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

CAPTCHA


このページの先頭へ

イメージ画像