【明日葉】胃粘膜を保護し胃の働きを良くする食べ物【胃もたれ改善】

asitaba

冷たい物を摂りすぎたり暴飲暴食によって胃酸が過剰に分泌されると、胃酸によって胃粘膜が傷つけられ消化機能が低下し胃の働きを弱めてしまいます。そんなお酒などを飲みすぎてしまう時期に弱った胃の働きを良くしてくれるのは「明日葉」

明日葉の産地・八丈島で13年間診察を続けている医師も、島には胃の悪い人は少ない印象があるといいます。宴会などで東京の人ならば二日酔いするくらいのお酒を飲んでも、明日葉をよく食べる八丈島のおじいちゃんおばあちゃんは二日酔いせず朝から散歩しているというのです。

目次

胃酸が過剰に分泌されると胃もたれなどの原因に

胃で食べ物を消化する時に出るのが胃酸です。この時、胃自体が溶かされないように守っているのが胃の粘膜を覆っている胃粘液。冷たい物を摂りすぎたり暴飲暴食してしまうと胃酸が多く分泌されます。すると過剰に分泌された胃酸が胃粘液を削り取り、その下にある胃粘膜を傷つけ胃の消化機能を弱めてしまうのです。

スポンサーリンク

胃粘膜を保護し胃の働きを良くする食べ物は「明日葉」

カルコンが胃酸の分泌を抑える

明日葉は三つ葉やセロリなどと同じせり科の植物。せり科には高い薬効を持つものが多く、世界中で漢方や生薬として利用されています。

胃の粘膜を守ってくれるのは、明日葉にたくさん含まれている「カルコン」と呼ばれる成分。カルコンには胃酸の分泌を抑える効果があるため、胃粘膜を保護し胃の働きを強めてくれます。明日葉の生産者も胃もたれや胸焼けする時に食べると一発で治ると言っています。

暴飲暴食のほかにも、不規則な生活やストレスでも胃酸は過剰に分泌されてしまいます。明日葉はそんな胃酸の過剰分泌を抑え胃の粘膜を保護する食べ物だったのです。

明日葉の食べ方

明日葉のカルコンは加熱してもその働きは弱まらないため、天ぷらやチャーハンなどどんな料理に利用しても大丈夫です。

明日葉ムース

asitaba2

材料(4人分)

  • 明日葉 25g
  • 豆乳 200cc
  • ゼラチン 5g
  • 水 50cc
  • 生クリーム 100g
  • 練乳 適量

①明日葉と豆乳をミキサーでしっかり混ぜ合わせる
②1を鍋に入れ弱火で加熱しながら、50ccの水で戻したゼラチンを加える
③ゼラチンが溶けたら氷で冷やしたボールに移し、練乳で好みの甘さに調節する
④生クリームを加え混ぜる
⑤容器に入れ冷蔵庫で1時間ほど冷やせば完成

胃の粘膜を守っている胃粘液は、ストレスや加齢・過剰な胃酸などによって減ってしまいます。明日葉を食べて過剰な胃酸を抑えておきましょう。

スポンサーリンク


関連記事

2015年9月4日 | カテゴリー:健康

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

CAPTCHA


このページの先頭へ

イメージ画像