100歳以上の人は毛細血管の働きが優れ慢性炎症が抑えられている?炎症を抑える食事とは

2016年10月31日 | カテゴリー:健康

タグ:

慢性炎症とは怪我をした時に腫れるような一時的な炎症ではなく、誰でも加齢と共に全身に起こってくる弱い炎症です。進行すると糖尿病や動脈硬化、心臓など様々な重大な病気に影響します。慢性炎症の程度が低いほど寿命が長く、100歳以上の元気な人(センテナリアン)は炎症がかなり低く抑えられているといいます。

この投稿の続きを読む »

このページの先頭へ

イメージ画像