3日に1度のお風呂でヒートショックプロテインを増やすと紫外線の影響を受けにくい強い肌に

2016年7月29日 | カテゴリー:健康

タグ:

紫外線はシミ・シワ・たるみなどの光老化と呼ばれる現象や、免疫細胞を減少させ免疫機能を低下させるなど様々な健康被害を引き起こします。お風呂と健康について長年研究している前田眞治先生によると、3日に1度お風呂に浸かる事で、肌が赤くなりやすい紫外線に弱い人でも紫外線の影響を受けにくい強い肌に変わる事ができるといいます。

この投稿の続きを読む »

1日2個のキウイで血管、枝豆で肌若返り、医師と管理栄養士が血管と肌のために欠かさず食べている食べ物

2016年7月23日 | カテゴリー:健康

タグ:

美肌のプロは肌若返りのために枝豆を、食のプロは血管若返りのためにキウイを欠かさず食べていた。

この投稿の続きを読む »

ファイトケミカルは果物の捨ててしまう部分にもたっぷり 夏に美味しい果物でがん予防&老化防止

2016年7月18日 | カテゴリー:健康

タグ:

枝豆の皮や玉ねぎの皮などの普通は捨ててしまう部分に多く含まれるファイトケミカルは、活性酸素を除去する抗酸化作用が強く、老化防止やがん予防に良いといわれています。

そんなファイトケミカルは野菜の皮だけでなく、スイカやメロンなど夏に美味しい果物の皮の部分にも多く含まれているのです。

この投稿の続きを読む »

1日30個のミニトマトで日焼けを無かった事に シミシワを防ぐ最も効果的な方法

2016年7月11日 | カテゴリー:健康

タグ:

日焼けによってできるシミやシワは老け顔の大きな原因に。美容やアンチエイジングに関する書籍を数多く執筆している医師の里見英子さんによると、日焼けをした時のシミシワを防ぐ最も効果的な方法はミニトマトを食べる事だといいます。

この投稿の続きを読む »

「春菊のアーモンド和え」を食べて-20歳肌 小柳衣史子ドクターが実践している美肌術

2016年6月4日 | カテゴリー:健康

タグ:

シワレベルが20代女性の平均以下の小柳衣史子ドクターが実践している美肌になれる習慣。

この投稿の続きを読む »

美肌、疲労回復、ダイエット効果が期待できる春野菜

2016年5月16日 | カテゴリー:ダイエット 健康

タグ:

春が旬の野菜は旬ではない時期に比べると2~3倍も栄養価が違うものがあり、冬に溜まった老廃物のデトックス効果がある野菜も多いのです。

この投稿の続きを読む »

ニンジンジュースが紫外線の影響でできるシミ「隠れジミ」に効く、芯が細いニンジンがより効果的

2016年5月8日 | カテゴリー:健康

タグ:

紫外線には2種類あり、シミ・シワ・の原因になるUV-Aと、エネルギーが強く皮膚の炎症や皮膚がんの原因になるUV-Bがあります。両方とも4月5月から急増し真夏と同じくらいの強さになるため今から対策が必要です。

この投稿の続きを読む »

関ジャニ横山の美肌の秘密 ランチ編

2016年4月21日 | カテゴリー:健康

タグ:

ヒルナンデスが関ジャニ横山の美肌とスリム体型の秘密を調査した。前回の中華料理と焼き鳥編では自然と肌や体型維持に良いメニューを選んでいることがわかったが、横山はランチでも自然と肌や体型維持に良い食べ物ばかり食べていた。

この投稿の続きを読む »

間違ったケアは逆効果、ほうれい線をやわらげる正しいマッサージ方法

2016年4月14日 | カテゴリー:健康

タグ:

どんなにケアしてもなかなか無くならないほうれい線。でも消したいと思って直接さわってマッサージするのは逆効果。

ほうれい線は頬の筋肉が衰えて頬の位置が下がる事が原因で出てくるもの。

特にほうれい線のシワが深い場所は、肌の弾力が無くなり重力に負けて垂れ下がったもの。マッサージをしすぎると徐々に肌の弾力を弱めるため、余計にシワを深くしてしまいます。

この投稿の続きを読む »

柚子とハチミツの血管に良い成分

2016年4月11日 | カテゴリー:健康

タグ:

炊飯ジャーでしょうゆ麹?梅宮アンナがしょうゆ麹&甘酒生活で便秘が改善、血管&肌若返り効果も

2016年4月2日 | カテゴリー:健康

タグ:

サタデープラスでタレントの梅宮アンナがしょうゆ麹&甘酒生活に挑戦した。方法は普段使っている醤油を代わりにしょうゆ麹にし、1日3回90ccの甘酒を食間に飲むというもの。

麹には腸内環境を整え善玉菌を増やす働きがある。梅宮アンナは10日間のしょうゆ麹&甘酒生活の結果、血管年齢と肌年齢にあまり変化がなかったがお通じが良くなったという。

番組では30代~50代のモニター4人にもしょうゆ麹&甘酒生活してもらい、血管年齢と肌年齢を測定していた。酢しょうがのように即効性は無かったが、実践したモニター4人は平均で、血管年齢が-2歳、シワの数が-8.2歳若返っていた。

この投稿の続きを読む »

キンタロー、チョコレートで肌が綺麗になる 4週間1日25gを食べただけで肌荒れ改善&シミが減る効果

2016年3月30日 | カテゴリー:健康

タグ:

美容のプロも絶賛 関ジャニ横山が無意識に美肌と体型を維持していた食生活

2016年2月18日 | カテゴリー:ダイエット 健康

タグ:

関ジャニの横山は毎日たくさん食べていても何故スリムで美肌なのかを、ヒルナンデスが横山の中華料理と焼き鳥の食べ方から検証した。横山は焼肉でも美肌に良いハラミが一番好きだったりと、美肌や体型維持に効果的なメニューを好み、無意識に美肌と体型を維持していた。

横山の食生活を検証した美容の専門家からも美肌街道まっしぐらと絶賛されていた。

この投稿の続きを読む »

生芋こんにゃくで美肌+ダイエット、肌年齢-22歳医師が実践する正月太りを防ぐ方法

2015年12月26日 | カテゴリー:ダイエット 健康

タグ:

美味しい誘惑がいっぱいのお正月に気をつけたい正月太り。肌年齢-22歳の医師は、生芋こんにゃくで美肌を保ちながら正月太りも防いでいた。

この投稿の続きを読む »

わさびのスゴいパワー わさび農家に肌年齢血管年齢-10歳超え続出の秘密&辛味を消す上手な食べ方とは

2015年12月25日 | カテゴリー:健康

タグ:

わさび生産量日本一の長野県安曇野市で、テレビ番組のサタデープラスがわさびを毎日食べているわさび農家の人達の肌年齢と血管年齢を測定したところ、肌年齢と血管年齢-10歳超えが続出していた。中には血管年齢-37歳の人も。そんな名脇役わさびのスゴいパワーが発揮される量は1日5g

血液サラサラという言葉を提唱した医学博士の板倉弘重先生も、肌と血管が劇的に若返るとして、1日5gのわさびを食べる事を薦めている。79歳で未だ現役の先生自身も1日平均5gのわさびを食べて血管の老化を防いでいる(先生の血管年齢は-9歳)

わさび5gはお刺身に付いている袋入りわさびなら2袋分。意識すれば簡単に食べられそうな量だが、辛くて毎日続けるのはツラそう。わさびをよく食べている長野県安曇野市のわさび農家の人達の上手な食べ方とは。

この投稿の続きを読む »

このページの先頭へ

イメージ画像