食前にタイガーナッツ、ご飯と一緒にアマランサス、大食い芸能人がたくさん食べても太らない秘密

「私のなにがいけないの?」が普通の人より2倍以上カロリーを多く摂取している芸能人が、なぜたくさん食べても太らないのかを検証した。出演した3人の芸能人は運動に加えて、食事に肥満を防ぐ食べ物をプラスして何年も体型をキープしていた。

歯が丈夫だと太らない?1日5000kcal摂取 デヴィ婦人(75)が食べても太らない秘密

20代に匹敵する歯

70代女性の1日に必要なカロリーは1750kcal。デヴィ夫人は1日でその倍以上のカロリーを摂取しているが、50年近く前からスタイルをキープしている。

デヴィ夫人はポールダンスや社交ダンスで普段から体をよく動かしている事もあるが、それ以上に歯が20代と同じくらい綺麗で虫歯が無いことが太らない秘密だった。

歯が丈夫だと太らない理由

歯が悪くあまり噛まずに食べることが多いと、血糖値が急上昇しやすく脂肪を溜め込む性質があるインスリンが多く分泌されるため太りやすい。

デヴィ夫人のように歯が丈夫だと、しっかり噛んで食べることによって血糖値の急上昇がなく、緩やかに血糖値が上昇するため脂肪がつきにくい。さらに入れ歯よりも噛む力が強く、食べ物をより細かく砕き、肥満の原因である消化不良も防いでいた。

スポンサーリンク

1日3900kcal摂取 女優・夏樹陽子(63)が太らない秘密

  • ながら運動
  • 信号待ちしながらモモ上げ、カラオケしながらスクワットなど

  • ご飯にアマランサスを混ぜる
  • ご飯1合に対し大さじ一杯

お米と一緒にアマランサスを食べる

60代女性が1日に必要な摂取カロリー1900kcalに対し、夏樹陽子はその2倍の3900kcalを摂取しているが、ながら運動やアマランサスで39年間スタイルをキープしていた。

アマランサスは鉄分やカルシウムが白米より豊富。脂肪分解酵素を活性化させるアミノ酸も含まれダイエットに効果的といわれている。さらに中性脂肪を減少させる効果も。

夏樹陽子はアマランサスをご飯1合に対し大さじ一杯入れて炊いたり、電子レンジで5分温めてヨーグルトに混ぜて食べたりしているそうだ。歯ごたえがあって美味しく、腸が動いているのがよくわかるという。

道端アンジェリカの太らない秘密

食前にタイガーナッツ

30代女性の平均摂取カロリーは1日2011kcal。道端アンジェリカは1食で2000kcal以上摂取することもあるが、食前にタイガーナッツを食べてモデル体型を10年間維持していた。

タイガーナッツの特徴は食物繊維の多さ。野菜の中で最も食物繊維が多いごぼう1本分の食物繊維を、タイガーナッツは20粒で摂取できる。

肥満の原因の一つは血糖値の急上昇。タイガーナッツに豊富な食物繊維は、食後の血糖値の急上昇を緩やかにしてくれるため太りにくい。道端アンジェリカはタイガーナッツを食前にそのまま食べているという。

スポンサーリンク


関連記事

2016年1月19日 | カテゴリー:ダイエット 健康

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

CAPTCHA


このページの先頭へ

イメージ画像