血管の老化が心配、伊藤かずえさんが体重10kg減に成功した作り置きダイエット

女優の伊藤かずえさんとマネージャーのばあやが柳澤英子さんの「やせるおかず作り置きダイエット」を100日間実践した。食べるだけで伊藤かずえさんは体重-9.8kg・おへそ周り-13.9cm、ばあやは体重-9.3kg・おへそ周り-20.9cmのダイエットに成功した。

作り置きダイエットとは

  • 1週間分のおかず14品を1日で一気に作る
  • 糖質が少ないメニューになっている
  • おかずは冷蔵庫に保存
  • 1日3食、好きなおかずを組み合わせて食べきる

血管の老化が心配だったが

肉に付いている脂は加熱すると、動脈硬化の原因になる酸化した脂質になります。調理から時間が経った料理も酸化が進むといわれています。作り置きダイエットでは肉料理も1週間保存するので血管が老化しそうな点が心配でしたが、8週間続けた時点で伊藤さんが血管年齢を測定したところ、実年齢よりも21歳も若返っていた。さらに動脈硬化の原因のひとつと言われる中性脂肪も大きく下がっていた。

ご飯食べてもいい?

二人は早く結果を出すためにご飯は食べずにおかずだけ食べていましたが、痩せるスピードがゆっくりでも良ければ、小さめの茶碗1杯を一番最後になら食べてもいいそうです。

実践中に伊藤さんの身体に起こった変化

疲れにくくなった

作り置きダイエットを始める前は疲れてそのまま寝てしまうことがあったが、始めて10日くらい経つとそういうことがなくなった。作り置きダイエットのメニューは栄養のバランスが緻密に考えられているためだという。

お酒を飲んでも酔いにくくなった

作り置きダイエットではお酒を飲んでもOK。伊藤さんは10杯くらい飲んだりしていた。以前はこんなに飲む前に酔っていたが、色んな栄養素を摂るようになったことで肝臓の機能が回復してきたと考えられるという。

お腹が空きづらくなった

血糖値が上がって、下がるときに食べ物を欲しいと思うため、作り置きダイエットのレシピは血糖値があまり上がらないように考えられている。

代謝が良くなった

ビタミン・ミネラル・酵素などを摂れるメニューになっているため代謝が効率よく起こるようになった。

出典:金スマ

スポンサーリンク


スポンサーリンク


関連記事

2016年11月12日 | カテゴリー:ダイエット

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

CAPTCHA


このページの先頭へ

イメージ画像