梅沢富美男が認知症検診 前頭葉が萎縮し、暗算ができない、雑誌を重複して買ってしまうなどの症状

俳優の梅沢富美男がテレビ番組サタデープラスで認知症検診を受診。病院での検査に加え、番組が撮影したVTRで食生活もチェックした。

検査の結果、前頭葉が萎縮していることがわかった。梅沢富美男は暗算ができない、雑誌を重複して買ってしまうなどの症状が出ていたが、これはアルコールによって前頭葉が萎縮していたためだった。

前頭葉を萎縮させた梅沢富美男の食生活

  • ラーメンはスープも飲み干す
  • 高カロリーなものをよく食べる
  • 深夜に焼肉
  • 毎日7~8杯お酒を飲む

梅沢富美男は1年の半分以上がこのような食生活。このような食生活を続けるとかなりの確立で前頭葉が萎縮し、認知症に進みかねないという。さらに梅沢富美男はタバコを1日3箱も吸うベビースモーカー。食生活、大目の飲酒に喫煙も重なると認知症リスクは雪だるま式に高まる。

認知症の心配は無し

暴飲暴食によって前頭葉が萎縮していたが、認知症に直結する海馬には萎縮がなかったため認知症の心配無しと診断された。

「こういう食生活が一番健康に良い」「節制するくらいなら役者を辞めるしかない」と言っていた梅沢富美男だが、医師に萎縮した脳はもう元に戻らない、認知症リスクを下げるには食生活が重要と言われ、食生活の改善を決意したようだった。

スポンサーリンク


スポンサーリンク


関連記事


2016年5月7日 | カテゴリー:健康

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

CAPTCHA


このページの先頭へ

イメージ画像